外来ご案内

胃内視鏡検査


kizai.jpg

当クリニックでは、より多くの皆様へ胃の病気を予防・早期発見していただくために、胃カメラ(胃内視鏡)を行っております。胃は、ストレスの影響を最も受けやすい消化管で、比較的若年齢からさまざまな症状を呈する臓器です。最近では、ピロリ菌と呼ばれる菌が胃に棲息することがわかり、難治性の胃潰瘍や悪性の胃腫瘍の原因として注目されています。当クリニックでは、無痛の胃カメラ検査を行うために内視鏡検査に伴う苦痛を軽減する静脈麻酔を導入しています。

ご予約は、受付窓口 お電話(TEL099-275-0010)までお問い合わせ下さい。

胃カメラをお勧めする症状

このような症状が、ある方は検査をお勧めします。

  • 胸やけ
  • 胃がもたれる
  • みぞおちあたりの痛み
  • 食欲不振・体重減少
  • 検診等で異常を指摘された
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の既往

予約

胃カメラは、予約制となっております。また、当日予約状況により当日の検査も可能です。その場合は、絶食のまま来院していただきます。まずは、受付窓口かお電話(TEL099-275-0010)までお問い合わせください。

検査の流れ

①検査前日

検査前日の夕食は夜の9時までに済ませて下さい。なお、食事のあとの水分はとって頂いて結構です。またアルコールはなるべく控えて頂いたほうがよろしいです。

②検査当日

  1. 検査を安全に行うために、検査に関する必要なことや注意事項などについてご説明いたします。
  2. 検査の当日、起床時にコップ1杯半(約300cc)の水まはた白湯を飲んで下さい。また、食事はとらずに来院して下さい。
  3. 来院時、血圧・体温測定等(状態の確認)をします。
  4. 検査のために点滴します。検査の直前に鎮痛剤・鎮静剤を注射します。
  5. 胃カメラを開始します。検査に必要な時間は約5分〜15分程度になります。
  6. 検査終了後、鎮静剤・鎮痛剤の効果が消えるのを待って、結果説明をいたします。